永平寺の修行僧に見習う

2019年08月06日

2500年前初期仏教では林野で修行、修行の場を精舎に求めた、やがて寺に。つまり修行の場であれば、いずこでも精舎。ならば、家庭内でも修行の場であれば精舎。

在野の我々は少しで見習い心の知足を得たい。

佛教曹洞宗の開祖 1200年~1253年 道元禅師

修行の中に悟りあり 禅⇒座禅瞑想

永平寺の修行僧雲水に見習う

起床3.30分 冬4.30分⇒早寝早起き

桶一杯で頭から耳の裏まで洗う⇒斎戒沐浴

座禅⇒座禅瞑想

読経⇒読書、書き物

朝食 おかゆ ゴマ塩 漬物⇒素食

作務 ⇒仕事

読経⇒休憩

昼食 一汁一菜 米7粒を鳥に⇒素食 慈悲の心

作務⇒仕事

読経⇒休憩

夕食 麦飯 みそ汁 漬物 おかず2品⇒夕餉

座禅⇒座禅瞑想

就寝⇒早寝早起き